DIY / 改装できる賃貸物情報サイト

R-DIY つくろう、自分の部屋

オーナーの方へ

DIY賃貸を検討される方へ

人口減少による空家の増加、相続対策などによる賃貸住宅の供給過剰など、都心エリアであっても賃貸住宅市場はこれから厳しい環境になりつつあります。

一方、借り手はインターネットの発達に伴い、さまざまな情報収集をできるようになり、自分に合った住まい探しの追求が活発となりました。そういった多様化するニーズに対して、オーナーサイドが柔軟に発想し、適応できるかが重要なポイントになるのではないでしょうか。

  • 空家(戸建など)の活用に悩まれているご所有者さま
  • アパートやマンションの築年数が経過して空室が増えて悩まれているオーナーさま
  • 築古の建物を賃貸活用したいと検討中のオーナーさま
  • アパート・マンションの新築を考えているが、築数年経過後の空室リスクや改修コストに懸念のあるオーナーさま

DIY賃貸のもっとも重要なポイントは管理運営面です。長年、さまざまなリノベーションに取り組み、シェアハウスなど柔軟な賃貸企画・賃貸管理運営の実績・ノウハウをもつRバンクだからこそ安定・着実なDIY賃貸が可能です。ぜひ弊社にご相談ください。

DIY賃貸のメリット

メリット1

借主が一部を自分の費用と労力で改装するため、空間への愛着が生まれ、入居期間が長期化する
借主様はご入居にあたってDIYのために時間と労力のご負担が生じます。どのようなDIYをするか現地で採寸しながら計画し、資材を発注、購入し、道具などを準備し、仲間を集めて作業するなど...自分独自の空間を手にするまでに相応のプロセスを踏むため、よほどのライフイベントが発生しないかぎり、引っ越す可能性が低くなります。

メリット2

仕上をすべて行わずに募集するため、退去後のリフォーム工事(原状回復工事)のコスト削減を図れる
ケースによって異なりますが、DIYする前提のスケルトン・半スケルトン状態に仕上げまでしか貸主はせずに済むため、その分の工事費がコスト削減になります。空室が多く存在する場合はリフォーム工事費用だけで莫大なものになります。これから毎年の蓄積を考えますと、コスト削減の総額は馬鹿になりません。

メリット3

築古というレッテルをDIY可・セルフリノベーション可にすることでマイナスを補う差別化が図れる
ご入居検討者さまはネット上のポータルサイトで検索して物件探しを行うことが年々あたりまえになりつつあります。築年数が古いだけで検索する際に対象外になってしまい、お問合せをなかなかいただけない機会損失が続いているのではないでしょうか。DIY可という体験ができる物件とアピールすることで、むしろネット上における視認性・注目を高めることが可能となります。

メリット4

入居者のDIYによって退去時に空間がバリューアップされる可能性がある
DIY可を希望される借主さまは建築、デザイン、インテリアなどに関心の強い方々のため、場合によってはDIYによって室内空間をバリューアップされる可能性があります。一方で、ご入居された方のこだわりが強すぎて2次募集に悪影響が及ばないように図ることも管理運営面で重要なポイントになります。

Rバンクの業務について

DIY賃貸コーディネート業務

通常の賃貸借契約では原状回復義務が前提となっています。これに変更を加えてDIY可とする賃貸条件をもとに独自の入居募集、DIY可するための準備(工事)、契約締結、DIY申請・受付・受理までの進捗管理など、空家・空室の解消をゴールとしたDIY賃貸化を包括的に遂行します。

DIY賃貸の募集・管理運営業務

DIY可(改造可能)の物件を積極的に管理運営する企業は弊社が業界初になります。リノベーションのコンサルティング事業から培った経験とシェアハウスをはじめとしたユニークな賃貸形態の管理事業を日々おこなっているからこそ前向きに取り組めるものと自負しています。通常の原状回復義務だけでしか対応しない管理会社からの変更についてもご相談に応じています。

居住系賃貸の[セルフリノベーション(DIY型)] 高稼働再生事業化・運営戦略資料集 / Rバンク藤田著・総合ユニコム(株)発行

DIY賃貸のサポート業務

RバンクはDIY、セルフリノベーションの文化・慣習を広めることを一つのミッションとしています。DIY賃貸を自主管理されるオーナー様を対象にDIY物件化するための準備や入居時・入居後における管理運営面で蓄積してきましたノウハウなどをご提供し、円滑なDIY賃貸運営をするための最適なサポートをおこないます。